かほピョンくらぶTOP » 特別展「漢字三千年」 一般当日券100円引き

河北新報創刊120周年記念

<<会員証提示で当日券が100円引き(本人のみ)>>

 「漢字三千年」は8月11日(金・祝)まで、東北歴史博物館)で開かれています。会場窓口でかほピョンくらぶ会員証を提示するとご本人様に限り一般の当日券が100円引きになります。

 「漢字」は、中国文明の中で生まれた古代文字でありながら、誕生以来3000年の長きにわたって、人々に愛され使われ続けています。その時代に最もふさわしい形で表現され、読みやすさや書きやすさ、そして美しさを模索され発展してきた、世界で唯一の文字です。
 本展は最古の漢字といわれる甲骨文字をはじめ、文字の統一を果たした秦時代の漢字、世界初公開の文字の刻まれた兵馬俑など漢字が記された文物を展観するとともに、漢字を芸術の域にまで高めた王羲之や顔真卿の拓本といった歴代の名書作品、歴史上の人物が書いた書作品など、中国の博物館・研究機関17ヵ所から、国家一級文物21点を含む約110点を展示しています。
 漢字の歴史と美の変遷を探るとともに、漢字にまつわるエピソードなどを紹介し、今まで他に類を見ない漢字ワールドがご覧になれます。


 「歳于中丁」 牛胛骨卜辞

 鄧石如 隷書「世慮全消」屏風

 期  間

8月11日(金・祝)まで
※休館日/毎週月曜日(7月17日は開館)、7月18日(火)

 時  間

9時30分~17時(入館は16時30分まで)

 会  場

東北歴史博物館
(多賀城市高崎1-22-1)

 入 場 料 

一般当日券 1300円 ⇒【かほピョンくらぶ会員価格】 1200円
※会場窓口で会員証をご提示ください
※会員本人のみ適用
※他の割引との併用不可

 お問い合わせ

河北新報社 企画事業部 TEL:022-211-1332 (平日10:00~17:00)